代表印は会社においては最も重要な役割を果たします。

  • RSS

代表印は、代表者印とも呼ばれ、会社においては最も重要な役割を果たします。 そもそも、会社を設立する際には代表印が絶対に必要です。

会社における代表印は個人では実印に当たります。
個人用の実印は、登録し使用されたことがある方ならお分かりになると思いますが、家や不動産、自動車など、人の生死に関わるような重要なものの契約などにおいて使われます。
何かの連帯保証人になるというような場合にも実印及び印鑑登録証明書が必要となります。

会社の設立においても、代表者の名前が入った代表者印のハンコを押さなければ有効な書類とはなりません。

従って、会社の社判や認め印の意味を持つ角印を作るよりも何よりも、まずは代表印を作らなければ会社を立ち上げることができないのです。
印鑑の面から言えば、代表印を作り、それを登録するところから会社の出発が始まると言っても過言ではありません。

もっとも、通常は会社印3本セットの作成を考えるのが普通だと思います。
代表印の他に、会社名が入った銀行印、会社名が入った認め印のセットです。
ただし、会社の設立を申請する際に、会社名を自分の好きなように決めてても必ずしもそれが認められるとは限りません。
既に有名になっていて認知度が高い会社名と同じまたは似たような名前では受け付けてくれません。
ですから、3本セットの印鑑を作ったはいいが、社名を変えなければならないとなったら、掘り直さなければなりません。
間違いの無いしっかりとした会社名を考えた上で準備を進める必要があります。

家紋の印鑑
http://www.conmottmac.com/

このページの先頭へ