個人本人を証明するものとしての実印

  • RSS

個人において不動産や高額な動産の購入などの際に必要とされる、その個人本人を証明するものとしての実印は、個人が持つ印鑑としては最も基本であり重要なものであると言うことができるでしょう。

一方、会社における実印というのもあります。
会社実印と呼ばれる、代表者印(代表印)です。
会社設立の際には必ず必要になるものですが、会社が動き始めてからも、会社として不動産の売買や賃貸の契約をしたり、借り入れを起こすというような場合にも必要となります。
代表者と言っても、例えば社長個人の実印ではありませんので、印章は二重の円で構成され、外側の円には会社名が、内側の円には代表者の役職名が入るのが一般的です。
従って、通常は丸印となります。
内側の円は代表者の役職名ですので、交替しても使える訳です。
代表印は、個人の実印がそうであるように、本人であることを証明するものですから、公的機関(行政機関)に登録をしなければ効力を発揮することはできません。
会社設立の際には、代表印を届け出なければなりません。
当然ですが、契約書であれば個人の実印を押すのと合わせて印鑑登録証明書の添付が必須となるのと同じように、会社実印である代表印を押印した場合にも、印鑑登録証明書が必要となります。
なお、代表印は、銀行の口座開設の際に銀行印として使用して登録することも可能ですし、認め印として使っても間違いではありません。
が、個人でも実印はしっかりしまっておいて滅多に出さないのと同じように、使い回しをしないようにすべきです。

このページの先頭へ